FC2ブログ
     

和風日本庭園 神奈川県相模原市 K様邸 

☟造園工事から8ヵ月後の2015年10月27日(火)夕刻 市道から撮影。 ↓
 春夏過ぎて大いに生育!⇩



☟2015年2月20日(金)~4日間  植栽主体の造園工事行う。⇩
手前の横青竹2本には、難波薔薇(ナニワイバラ)⇩ という常緑蔓性低木を這わせます。
市道道路際・通路(駐車場・玄関までのアプローチ)際には、K様得意の薔薇の各品種を鏤めます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  バ ー ド バ ス      
中央の石の窪みに雨水が溜まっています。 小鳥が骨休みして、水を飲み羽を広げ水浴びいたします。 
これらは、真に人間の心も洗われますね!



☟造作工事から8ヵ月後の2015年10月27日(火)夕刻 隣地から撮影。  楚々たる風情!⇩



☟2015年3月4日(水)~2日間  K様邸北側に昭和レトロ調の杉板塀造作工事行う。⇩
K様邸北側の勝手口から続く面には、プロパンガス・自転車・物置・脚立、等々が並んでいて
美しくない感じです。・・・そこで、杉板塀で上品に軽く目隠ししました。3月4日に資材・杉板購入して製作後、見た目の杉板塀の色調が赤っぽく見えますが、、今は柱や天板の色調と同じでとても落ち着きが出ています。
スポンサーサイト



     

ツツジ・セイシカ

お客様(東京・八王子市・K様邸)の造園において、「セイシカ」を植栽いたしました。
このツツジ科「セイシカ」は沖縄県原産で別名「ヤエヤマセイシカ」とも言います。
普段に「三葉ツツジ」は植栽していて有名ですが、このセイシカは稀少品種で花びらも
大きくて白地に中央から上部にかけて紅紫色の斑点があります。 
本来丈夫なツツジですから安心してこの大柄な花木「セイシカ」を楽しめます。

     

お庭のお手入れ工事 東京・武蔵野市


大都会の只中のN様邸は広いお庭と高木の庭園樹木類が沢山あって真に癒されます。
     

世田谷区・G様邸、万年竹垣工事

天然竹垣で、腐食が進行していて風前の灯火の感あり。 プラ(万年)竹垣で、「建仁寺垣」仕様です。
G様・ご主人様は、商社社長様で、専ら海外との貿易を行っていて、ここ世田谷区に広大な御屋敷を構えています。
次世代の事を慮って、奥の玄関へ向かってのアプローチ両脇に、世話のない万年ものの「建仁寺垣」を創造いたしました。
とてもお優しいご主人様です。 
工事は、2014(平成26)年1月20日~2月5日の実働13日間で、幸いにも天候に恵まれまして完工いたしました。
     

モミジ・野村猩猩(しょうじょう)の移植

2013(平成25)年12月10日(火)、東京・八王子市の「S様邸」へモミジ・「野村猩猩」(樹高5m)の移植です。 職人3名・従業員2名の計5名にて完工。 午前中小雨でしたが、正午から急速に回復して晴天です。 結果、仕上がりも立派に出来て「S様」奥様も大喜びでした。
移植の為に、「掘り取り」をして「根巻き」が完了しました。 小雨のなか苦労でした。 
港屋園芸にあります樹高5mのモミジ「野村猩猩」です。 真っ赤になる品種です。
ユニック車(クレーン車)にて、搬出している所です。
 移植先は高尾駅前でここから10km先です。
「緑化テープ」による「幹巻き」はトラックの荷台上でモミジが横になっている状態で施工。
3本の支柱をして動かないようにしました。 植え付け完了後に「水鉢」を大きく造って灌水」(かんすい)です。

プロフィール

minatoyaengei

Author:minatoyaengei
東京都八王子市
港屋園芸
ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR